女性の活躍推進

風通しのよい合理的な社風・組織が、キャリア形成とワークライフバランスの実現につながる

執行役員 広報CSR統括部長 川久保 玲子さん

雇用機会均等法以前、数少ない男女同一賃金の会社を探し当て、東燃ゼネラルグループの母体の1つであるモービル石油に入社しました。当時はまだ販売部門営業等への女性の配属はなく、人事・需給・財務・企画といった本社スタッフ部門でスタートしました。その後、産休や育休を交えながら、宣伝販促・支店担当・販売企画など販売部門のサポートに携わり、3年間の米国勤務後、精製物流部門で工場総務企画、化学品部門で韓国工場建設プロジェクトなども経験しました。現在はさまざまな部門での業務経験を活かし、広報CSR統括部長として、ステークホルダーの皆さまと東燃ゼネラルグループのコミュニケーションを担当しています。

当社には、「残業を是とせず、有給休暇をとってリフレッシュする」、「従業員のプライベートを尊重する」という社風があり、普段から業務の優先順位づけを意識しています。こうした社風により、業務の効率向上・質的向上へのモチベーションが生まれ、結果的に会社の業績向上と同時に、個人の時間を有意義に活用することが実現できているように思います。女性の活躍促進という観点からは、各人の個性や能力とライフイベント等、置かれている環境を理解し、性別に関わりなく、公平な採用・育成・登用がされることが重要です。

日本・UAEによる第2回「女性のキャリア開発に向けた友好委員会(FCW)」へ参加

風通しのよい合理的な社風・組織が、キャリア形成とワークライフバランスの実現、並びに、女性を含む従業員一人ひとりの成長と企業の発展を可能にし、豊かな社会に貢献していくと確信しています。