電力事業に係わる温室効果ガス排出量削減に関する考え方

当グループはエネルギーセキュリティーや環境親和性のバランスを考慮し、市場原理に沿って事業を進めています。現在、静岡県と千葉県で火力発電所の建設計画を進めていますが、2カ所の発電所はいずれも最新鋭の技術を積極的に採用し、従来の火力発電所と比較して高効率かつ温室効果ガスの排出量が少ない設計になっています。このような優れた発電設備の導入が進めば、国内の旧式発電設備を代替していくことが可能になると考えています。また、イーレックス・ニューエナジー佐伯(株)の進めるバイオマス発電事業への出資、関電エネルギーソリューション(株)有田太陽光発電所への用地提供など、再生可能エネルギーへの積極的な取り組みも実施しています。