和歌山工場

紀伊水道に面した和歌山工場は、「有田みかん」の産地と豊かな漁場に囲まれ、閑静な住宅地に隣接しています。そのため、環境保全に細心の注意を払いながら、世界でも高水準の安全性を維持し、操業を行っています。長い歴史を刻む同工場は、ガソリンなどの一般燃料や各種潤滑油、芳香族系化学製品に加えて、各種航空燃料や自動車テスト用燃料などの特殊製品を含む複合的な石油製品の一貫生産拠点です。また、多くのタンクと天然の良港に位置する海上出荷設備を駆使して、輸出にも柔軟に対応しつつ国内のエネルギー供給に貢献しています。

住所 和歌山県有田市初島町浜1000
電話 0737-85-1010
操業開始 1941年
敷地面積 248万m2(75万坪)
原油処理能力 常圧蒸留装置:132,000バーレル/日

沿革

1941年
和歌山工場操業開始
1956年
流動接触分解装置(FCC)の竣工
1957年
アルキレーション装置(AK)の竣工
1969年
潤滑油製造装置(ILP)、芳香族製造装置(BTX)の竣工
1990年
潤滑油高度精製装置(XHQ)の竣工
1991年
軽油深度脱硫装置(HD-7)の竣工
1998年
流動接触分解装置の改造・ベンゼン回収装置の竣工
2003年
低硫黄化(50ppm)に対応した軽油深度脱硫装置(HD-7)等の改造
2006年
低硫黄化(10ppm)に対応した超低硫黄燃料製造装置の竣工
2007年
西第4(W-4)桟橋の拡張
2014年
第2常圧蒸留装置廃棄(高度化法対応)

主要設備

精製装置

常圧蒸留装置 1基 132,000バーレル/日
減圧蒸留装置 2基 74,000バーレル/日
接触改質装置 2基 45,000バーレル/日
流動接触分解装置 1基 39,000バーレル/日
アルキレーション装置 1基 3,600バーレル/日
水添脱硫装置 6基 129,700バーレル/日
潤滑油水添改質装置 1基 2,200バーレル/日
潤滑油接触脱蝋装置 1基 1,500バーレル/日
水素製造装置 1基 548,000Nm3/日
水素精製装置 1基 207,000Nm3/日

化学品製造設備

パラキシレン 280 千トン/年
オルソキシレン 73 千トン/年
ベンゼン 137 千トン/年

桟橋施設

原油桟橋 1基 314,000DWT(ドラフト 18.8m)
出荷桟橋 10基 最大 70,000DWT

貯蔵施設

原油タンク 23基
製品・半製品タンク 364基